ミンガラバー!fumiです!

 

基本情報をおさらいしたところで気になるのは空港のなかの施設かと思います。

 

 

ミャンマーの玄関口、ヤンゴン国際空港は最近新しく改装したということもあり、かなり新しいです。

そんなに巨大な空港ではないですが、インフラも整っており、最低限のものはあるという印象でした。

(ですが、帰りの便を待っている時に停電が起きていましたね)

 

ということで、空港情報をみていきましょう!

 

 

ミャンマー(ヤンゴン)空港の両替は?

 

まずは、両替情報について!

 

到着ロビーには、両替のための窓口がずらっと並んでいます。

写真のように、SIMカード購入の窓口と同じ場所にあります。

 

窓口も各銀行の種類があるのでじっくりとレートを見ながら選ぶことができますね。

ちなみに、私は台湾から行ったので、台湾元からミャンマーチャットを変えようとしたのですが、台湾元からは変えることができなかったです・・・

あまりマイナーな通貨だと無理なのかもしれませんね。

 

しかし、この窓口のさらに奥に進むとひっそりと一台ATMがありますので、国際キャッシュカードで通貨を下ろすことが可能でした。

つまり、問題なしです笑

 

 

SIM購入方法について!

 

続いて、SIMカードの情報!

SIMフリースマホをもっていることが前提ではありますが・・・

 

私が今回使ったのは、上記の画像にある「MPT」でした。

ミャンマーのメインキャリアということもあり、田舎にいっても電波は問題なかったです。

 

 

価格表はこちら。

 

日数のしばりはありますが、こちらはあくまでも目安で、期限があるというわけではなさそうでした。

2週間今回滞在したのですが、8GBで問題なさそうだったので、それを購入。

8GBの容量がついて、10,000チャット。

つまり、約700円。

 

日本とのあまりの通信料の違いに、驚きました・・・

しかも通信状況も問題なし、ぼったくりすぎですよね、日本が。

 

ちなみに、こちらはエアアジアの半券チケットを見せるともらえる価なのだそう。

ミャンマーに行く方はエアアジアに乗ることが多いと思うので、忘れずにチケットの半券をみせてください。

 

 

こんな感じでゲット。やったぁ!

 

また、どうしても気になる方は日本で事前購入しておくのもいいかもしれません。

こちらのSIMですと、ミャンマーだけではなく、ほかのアジア各国でも使用可能なんです!

 

また、wifiルータを用意しておくという手もありますね。

 

ヤンゴン市内への行き方指南

 

最後にこちらも大問題の、市内への行き方について!

 

タクシーでいっても問題はないですが、もっとコスパがいいのが、最近できたエアポートバです。

到着ロビーを出ると、タクシーのおじさんなどが声をかけてきますが、振り切りましょう笑

右のほうに進んで、道路を渡ると、下記の場所が見えてきます。

 

 

そこで待っていると、バスがあります。

本数が多いようなので、常にバスがあかもしれませんね。

 

 

 

で、こちらが、市内へのルート図。

どのあたりにホテルをとってるかで降りるところは違うと思いますが、一番わかりやすいのは、ダウンタウンのランドマークである、スーレーパゴダで降りること。

 

そのあたりにホテルを取ると移動も便利ですし、わかりやすいですね。

バスももちろんスーレーパゴダでも停まります。

 

まとめ

 

ということで、ヤンゴンの空港の情報でした!

 

冒頭にも言いましたが、かなり新しくて、最低限のものもある空港なので、特にストレスなく、進めるかと思います。

昔はエアポートバスもなかったそうで、空港からの脱出も大変だったようですが・・・

ぜひ、恩恵にあずかりましょう!

 

それでは!


リュックパッカーミャンマーをゆく