ミンガラバー!fumiです!

 

それでは、ミャンマーの旅行情報に入る前に、まずは基本情報を確認してみましょう!

 

画像元
https://ja.wikipedia.org/

 

ミャンマーに行きたいんだけど、治安が気になる!という方が一番多いかと思われます。

また、行くのはいいんだけど、どのくらい日数を取るべきなの?という疑問も・・・

私の所感をつづってみたいと思いますよ!

 

Booking.com

 

ミャンマー観光の治安は?

画像元
https://tripnote.jp/

 

まずは、治安について!

 

結論からいうと、観光で行けるところの治安は問題ない、と言えそうです。

実際私が二週間行った感じでは、まったく危険を感じませんでした。

ジーパンのお尻のポケットに財布をいれてフラフラ歩いても問題ないレベルです(よい子は真似しないでね苦笑)

しかし、人ごみでは持ち物に気をつける夜中は出歩かないなど最低限の警戒はもちろんしています。

 

また、外務省の海外渡航安全情報をみると(2018/12)、ほぼ全土がレベル1(十分注意してください)です。

ですが、中国との国境やバングラデシュとの国境付近はレベル2(渡航を検討してください)になっています。

 

ちなみに、ミャンマーといえば、ロヒンギャ問題で揺れていますが、そういう問題があるところは外国人が入れないようになっています。

 

Booking.com

 

必要日数は?!

 

ということで、必要日数について考えてみたいと思います。

 

ミャンマーで有名な観光地は、そんなに数はありません。

見るべきところは寺院がとてもおおいです。

 

私は二週間訪問しましたが、一週間あればミャンマーを満喫できるかと思います。

ミャンマーのインフラ整備はまだ進んでいないので、陸路の場合は地方に行くと、ヤンゴンから全て10時間以上かかります。

時間を金で買う、ではないですが、余裕のある方は飛行機を利用していくのもいいかもしれません。

 

モデルコースについて!

画像元
https://tg.tripadvisor.jp/

 

モデルコースを考えてみましょう。

 

私は下記のコースで2週間。ミャンマーよくばりコーです笑

 

ヤンゴン→バガン→マンダレー→インレー湖→ヤンゴン

 

ヤンゴンがどうしてもミャンマーの窓口になりますね。

仏教遺跡がものすごい、バガンはミャンマー観光の目玉。

それに古都マンダレーに、湖の景勝地インレー湖を見てヤンゴンに帰ってくるパターンです。

 

ちなみに、その時の様子は、拙著「リュックパッカーミャンマーをゆく」に収めています。ぜひ、ご一読ください。


リュックパッカーミャンマーをゆく

 

また、1週間であれば、下記。

 

自然が好きな人コース

ヤンゴン→バガン→インレー湖→ヤンゴン

 

歴史・文化に興味がある人コース

ヤンゴン→バガン→マンダレー→ヤンゴン

 

時間がない人向けコース

ヤンゴン→バガン→ヤンゴン

 

となるでしょう。

ヤンゴンの近郊に、ゴールデンロックという観光地もあるので、ヤンゴン周辺をウロウロするだけでも十分楽しめるかと思いますね。

 

まとめ

 

ということで、ミャンマーの基本情報についてでした!

 

治安情報を紹介しましたが、ミャンマーの治安は依然不安定な状況ではあります。

デモや政治運動など最新情報はチェックするようにお願いします。

 

また、旅行見積やwifiが気になる方は下記からどうぞ!

 

それでは!

 

Booking.com