你好!fumiです!

 

今回久しぶりに台中に来ましたが、驚いたのはリノベーションが非常にはやっていること!

台湾全土でもその傾向はありますが、台中は特に顕著でした。

そこで今回おすすめするのは、CAFE 1911という、台中の旧市政府をリノベーションしたスポットになるんですね!

 

 

ということで、どんな場所なのかみてみましょー!

 

 

台中旧市政府のカフェ1911の場所はどこ?

 

まずは、その場所からみてみましょう。

 

場所は台中駅にも近いので、徒歩でもなんとかいけます。

・・・暑くなければ苦笑

15分ぐらいでしょうか。

 

上記の画像にもある通り、明治44年に建てられた建物をリノベーション。

なぜ、明治を使っているかというと、台湾には日本統治時代があったからです。

台湾の博物館などをみてみると、突然表記が明治、大正に変わるのではっとしますが、そういう歴史を感じるということでも、価値のある建物です。

 

そして、入るときは少々勇気がいります笑

台中市役所としか書いていないんですね苦笑

ですが、そこは勇気をもってはいりましょう。

 

 

メニューや値段は?

 

メニューや値段について!

 

中に入ると、メニュー表を渡されます。

隣が、昭和沙龍」という定食屋さんになっており、そこの食べ物も注文できます。

トンカツや焼き魚を200元程度で食べることができます。

 

そして、裏面にはもちろん飲み物のメニューも。

画像の飲み物は特大タピオカミルクティー

これで、70元です。

そのほかにもたくさんメニューはありますから、お気に入りのものも見つかるはずです。

 

wifiはある?

 

そして、今回気になったのがwifiについて。

 

私は仕事でもしようと、PCをもって乗り込んだのですが、入る前に「wifiありますか?」と聞いたところ、「ある」と言われたんですね。

ですが、入って席についてwifiのPWを聞こうとすると、「ないんです」と笑

これは、私の発音が悪かったのでは?という反省もありますが、wifiはないようですので、そのつもりで入りましょう。

ちなみに、私は仕方なく、PCで映画をみてました笑

 

と、デメリットをあげるとすればこれくらい。

そのほかは非常に快適でゆったりできる空間です。

落ち着いて、お昼時を過ごせました。

 

まとめ

 

ということで、今回は、台中のリノベーションカフェ1911でした!

 

その受付の方は学生みたいなお嬢さんで、全くだますつもりは感じなかった(と思う)とだけフォローしておきましょう笑

ミスコミュニケーションは日本語同士でもあります。

下手な中国語を使えばなおさらです笑

 

wifiを心配している方はこちらをチェックしてみては?

 

それでは!


リュックパッカー台湾留学をする