你好!fumiです!

 

ということで、ぬるっと台湾の情報を更新し始めていますが・・・

今回はみんな気になる、台湾のSIM事情についてです!

 

画像元
https://tobitate-student.com/

 

最近はデュアルSIMが搭載できる、SIMフリー機も発売しています。

私がそうで、スマホには今、日本と台湾のSIMが両方ささっているんですね。

 

これで、日本から日本の電話番号に着信があってもわかるというわけです。

 

 

台湾でSIMカードを購入する場所は?

画像元
http://www.fun-taiwanzine.com/

 

まずは真っ先に購入できるところとして思いつくのが空港です。

台湾は桃園空港が玄関口としてよく利用されるかと思います。

 

空港にもちろんSIMカードを購入できるところがあり、「SIMフリー?」と店員さんに聞かれ、そうだと答えると問題なく売ってくれます。

台湾には三大キャリアがあり(中華電信、台湾大哥大、遠伝電信)、そのどれもが空港でSIMを売っていますが、どれも価格は同じです。

 

画像元
https://prepaidsim.twgate.net/index_jp.html#intro

 

私は今回滞在は1か月以上の予定でしたので、まず空港で7日間分のものを購入し、その後は街中で購入しようとしていました。

7日分のものは500元でデータ通信は使い放題ですね。

 

 

おすすめは街中の中華電信!値段は?

画像元
http://taiwanwind.jp/

 

順調に1週間がすぎ、私は意を決して街中の中華電信へ!

事情を説明すると、おすすめされたのが・・・・

 

・使用期間1か月内有効

・1.2GBのデータ通信

・200元

・電話番号を付与

・電話番号の使用期限は半年

 

上記のプランでした。

ちなみに、中華電信には、メールが日本語で来るサービスもあり、容量が足りなくなってきたら、コンビニや同じ中華電信でチャージ可能なのです。

 

また、外国人は身分証明のためにパスポートが必要です。

必ずもっていきましょう。

 

 

プリペイド式だから便利!

 

と、やはり空港で購入するよりも抜群に安いことに気が付きます。

なんせ、1か月で200元ですから・・・

しかし、不安はやはり容量不足。

 

私はものの10日足らずで使い切ってしまいました。

ですので、再び中華電信に赴き、チャージをすることに。

 

上記のプランで追加するか、

 

・データ容量3.6GB 90日間有効

・300元

 

を追加するかと聞かれ、300元をチャージしてきました。

これで、台湾を離れるまでもつ・・・はず笑

 

また、半年間はもつ電話番号なので、また訪れる際もチャージすればいいだけで、便利ですね。

 

まとめ

 

ということで、台湾のsim事情についてでした!

 

つまり、街中では500元払えば、4GB以上のデータ容量がもらえ、使用期限も90日はあるということがわかりました。

誰かと会わなくてはいけない、急いでいる。

などの理由以外では街中の中華電信に乗り込んだ方がお得かもしれません。

 

店員さんも慣れているのか英語で話しかけてくれたりもしますよー

 

それでも不安な方は・・・日本で事前に用意しましょう。

 

それでは!


リュックパッカー台湾留学をする