こんにちは!fumiです!

 

そんなわけで、旅に出た私。

そのまますぐ台湾に行ってもよかったのですが、どうせなら寄ろう、と。

そう、九州に!

画像元
https://illustimage.com/

 

私、恥ずかしながら、九州未上陸でございまして・・・

学生時代は九州を飛ばして台湾に行ってしまっていました。

四国もいったことがあるので、今回九州上陸をすると、残すは沖縄だけかな・・・

 

 

長崎といえばちゃんぽんと皿うどん!

 

北海道から九州に向かった私は、福岡に到着!

やった~!九州初上陸!!!

そして、私は友人がいるので、そのまままっすぐ長崎に向かいました!

 

やはり、南のほう。

あったかくていい感じです。

寒いのは苦手苦笑

 

長崎では世界遺産の教会原爆資料館などを回る予定でしたが、旅行といえばやはり気になるのは、食!

 

長崎といえば・・・

思い浮かぶのはちゃんぽんなのです!

皿うどんなのです!

 

ほうらーうまそうでしょう~~

私は道民。

実は思い返しても、ちゃんぽんを食べた記憶は・・・成田空港のリンガーハットで食べたことがあるぐらい。

それぐらい全くなじみのない食べ物だったんですね。

 

 

由来やルーツを調べてみた!

 

まずは食べる前に調べましょう笑

 

皿うどんやちゃんぽんの由来は中国です。

長崎は昔から、中国人の貿易も許していたので、中国の文化が流れ込んでいたんですね。

なので、ほかの都市よりも中華料理の歴史が古く、独自の文化が発達しました。

 

皿うどんのルーツは肉絲炒麺です。ロウスーチャオメンですね。

広東料理によくあり、これは見た目はそっくり。

かた焼きそばという感じで、日本人にもなじみやすいでしょう。

 

そして、不思議なのは、ちゃんぽん。

ルーツは福建省の福建料理である、「燜麺」(メンミエン)であるとのこと。

ちゃんぽんの元祖である料理人さんが福建人ということもあり、まさしくこの説は正しいと言えるでしょう。

 

画像を調べてみました。

 

画像元
https://tabelog.com/

 

おぉう・・・

これはまさしくちゃんぽんではないですか・・・

ちなみに私は中国に6年いましたが、見たことも聞いたこともない料理でした。

 

ソース追加の味や感想は?

 

そして、なんと皿うどんやちゃんぽんを頼むと、ソースが出てくるのです!

これって一般的?

どうやら長崎では一般的なようなんですね。

 

店の人に聞くと、皿うどんにかけるのは一般的だが、ちゃんぽんにはかけない人もいる。

とのこと。

 

ふむ。

 

その感想は・・・?

ソースを足すと味に酸味が増し、ちょっとコクが出ます

ソース追加したほうがいいなという感想でした。

店を何件か回ったのですが、ちょっと甘かったですね。

 

辛い調味料をものすごく欲した、私でした苦笑

 

まとめ

 

ということで、皿うどんや長崎ちゃんぽんについてでした!

 

旅行でその土地のものを食べるのも楽しみの一つ。

今回の経験を踏まえ、もっとちゃんぽんに触れていく人生を歩みたいと思います笑

しばらく九州ネタ続きます・・・

それでは!


リュックパッカー中国をゆく: ~台湾留学経験者がみた中国~