ねいほう!fumiです!

 

マカオから香港へ!

今回は香港のグルメネタです!

 

ラーメン屋さんでミシュランに輝いたのは2店しかなく、そのうちの一店が香港に進出したというのです。

つまり世界で一番のラーメン屋さん?

これは味わないわけにはいかないぞ!

 

 

その名も、「Japanese Soba Noodles 蔦」!!

私は今回始めていったのですが、それはもう驚きましたよ・・・

今までのラーメンの常識を覆すというか。

 

 

ラーメン蔦(ツタ)香港の場所はどこ?

 

まずは、気になるのが場所がどこにあるのかということ!

 

場所はこちらです!

 

最寄駅は、 Causeway Bayとなり、タイムズスクエアの近くになります。

このあたりはラーメン屋さんもそうですが、寿司屋などもあり、日本料理の激戦地区になります。

香港在住の日本人が足繁く通う場所ですね。

 

 

メニューや値段!

 

店内にはいってびっくりしたのですが、ものすごく綺麗です。

すごく先進的でちょっとしたカフェに来ているよう。

 

上記の画像はラーメンを作っている店員さんを激写しましたが、その動きも繊細で、上に乗っているネギの位置も細かくきまっているようで、微調整を繰り返していました。

油臭くて汚く、頑固親父がいるラーメン屋さんというところからはまるで反対なんですね。

 

ちなみに、日本では東京の巣鴨にあり、行列で食べられないという噂もありますが、ここ香港では行列はなくあっさり入れました

時間帯もよかったでしょうが。

 

こちらがメニューになりますね。

 

醤油、塩、醤油とそれぞれ98HKD

チャーシューなどのトッピングを追加するかで少し値段が変わってきます。

 

日本で考えると少し高い?ですが、まぁ香港の日本料理屋と考えると妥当なところでしょう。

 

味の感想は?

 

私が食べたのが味噌でした!

 

一口食べての感想は、

「こんなの食べたことない」でしたね苦笑

 

味が繊細で、麺もラーメンというか蕎麦を食べている食感。

味噌味はバターの風味がしましたが、調べるとバターは入っていないということ。

 

豆味噌を軸に、西京味噌、信州味噌など、数種類の味噌をブレンドしたタレに、仔牛のゲンコツ、魚介等からうま味をしぼり取ったスープ

引用元
https://mecicolle.gnavi.co.jp/

 

もうたくさんの味がします。

まさにラーメン新時代の味。

 

いわゆる、ラーメンがっつり食べたい!あの味を!

という気持ちで入ると、肩透かしを食らうかもしれませんが。

 

ラーメンの可能性をみてみたい、味わいたい!という方は一度行ってみてください。

東京ではなかなか入れないのが海外では入れるというのもいいのかもしれませんね。

 

東京のと味の比較はできていないので、今度いってみたいですねー

 

まとめ

 

ということで、ラーメン蔦香港店でした!

 

最初のスープを味わった時の驚きは今も覚えています。

でもたしかに綺麗で、少し洋風の味わいもあり、ミシュランの欧米の審査員には受けそうな気はします。

これが、THE JAPANESE RAMENかと言われればちょっとクエスチョンですが、これもまたありかと。

 

香港旅行を検討の際はこちらからどうぞ!

 

それでは!


リュックパッカー中国をゆく: ~台湾留学経験者がみた中国~