ねいほう!fumiです!

 

ということで、今回で最後のマカオネタ!(たぶん)

 

 

上記の画像はセナド広場で撮れたいい感じに佇む青年を撮りました。

が、今回のタイトルとは何の関係もございません笑

 

今回のマカオ遠征では、実は2回カジノに行き、1回目は1,500ドルの勝利。

2回目は500ドルの負けとなんとか勝ち越し帰ってきたのですが・・・

 

2回目は友人とマカオに行きました!

その時の話を!

 

 

マカオのATMでお金が下ろせない!!

 

友人とまずはカジノに意気揚々と乗り込みました。

場内では、集中するために解散。

 

1時間半程時間を設けて、各自楽しもうということになりました。

さっそく私は大小を始めたのですが、なんとも旗色悪し。

 

こりゃあ、次で最後かなと思い友人に連絡。

すると「お金が下ろせないから今日はこれで終わる」とのこと。

 

へぇ~~??

 

そして、案の定終了した私は友人と合流。

 

聞くと先ほどの通り、ATMでお金が下ろせないとのこと。

私も一緒に行って試しましたが、下ろせず。

 

結局その場からは退散しました。

 

 

中国本土発行のカードに制限?

画像元
http://money-worker.com/

 

そして、違うATMでも下ろせなかったんですね。

何度か試しましたが引き出すことはできず・・・

 

ちなみに、私のクレジットカードでは引き出すことができました。

 

その時は謎だったのですが、帰国後調べてみるとその理由が判明。

 

マカオ政府広報官事務所は5月7日、中国本土の銀行が発行したキャッシュカードを利用したマカオの銀行ATM(現金自動預け払い機)における引き出し取引について、本人確認を強化する方針を明らかにした。

引用元
https://www.macaushimbun.com/

 

こちら去年の5月のニュース。

そうなんです、友人は中国に住んでおり中国本土のカードを使って引き出そうとしていたんですね。(銀聯カード)

それが規制されており、引き出せなかった。

 

一方、日本で作ったカードで引き出そうとした私は問題なかったというわけです。

 

解決法は?

 

ということで、解決法はないのか?と。

 

具体的には、KYC(Know Your Customer)と呼ばれる顧客確認プログラムを搭載したATM機を設置し、中国本土の銀行が発行したキャッシュカードを使って現金の引き出しを行う際に身分証の提示と顔認証で本人確認を行うという。今後、既存のATM機を順次KYC対応のものに入れ替える予定で、カジノ施設内及び周辺からスタートするとのこと。

引用元
https://www.macaushimbun.com/

 

そうなんです、その時も身分証明書の提示を求められたのですが、外国人のパスポートは中国人の身分証明書との規格が違います

この規制はマネーロンダリング(資金洗浄)防止対策措置であるとしていますが、外国人が中国本土のカードを使うときはどうしたらいいのかの情報が一切ありません。

 

探しても出てこないので、これはもう大人しく日本のカードを使うか、両替で対応するしかなさそうですね。

 

まとめ

 

ということで、マカオ編最終回でした!

 

マカオは開放的な雰囲気もあり、また通いたい場所。

定期的に訪れようと画策しています笑

 

タイパのあたりも回ってみたいですねー

マカオ旅行を検討の際はこちらからどうぞ!

 

それでは!


リュックパッカー中国をゆく: ~台湾留学経験者がみた中国~