你好!fumiです!

 

今回取り上げるのは、この絶景について!

 

もしかすると写真などでみたことあるかもしれません。

この絶景が今話題の中国の観光スポット、張掖丹霞(ちょうえきたんか)なのです!

 

ぜひここに行ってみたい!という方向けに体験談を語りましょう!

 

Booking.com

 

張掖丹霞(ちょうえきたんか)への行き方は?

 

まずは、どうやってこの場所までたどり着くのかについてですが・・・

 

張掖という場所へまずは行くことになります。

張掖は甘粛省の一つの街。

甘粛省は、敦煌がとても有名で莫高窟は世界遺産にも登録されています。

私は張掖には蘭州から向かいました。

列車で数時間。

 

街自体にも、マルコポーロが滞在したというお寺があり、見どころがありますが、

なんといっても見どころは、七彩丹霞でしょうか。

数千年数万年にもわたるカルストの結果生まれたこの大地は、

赤茶けた土色が見え、年代によってその色が変わり、縞模様が見えます。

おすすめは夕日時に訪れることで、見える角度によってもその赤さの具合が変わるのです。

 

で、本題の行き方です。

この場所には路線バスでも訪れることは可能なのですが、

一番わかりやすいのはホステルでツアーをお願いすることでしょうか。

 

私が泊まったホステルは、「The Silk Road Travelers Hostel」という名前で、このホステルから50元で送迎をしてもらえました。

路線バスに乗るとなると中国語も必要ですから・・・

ツアーで行くのが一番手っ取り早いですね。

 

Booking.com

 

入場料について!

 

入場料については、私が行った2019年7月時点で74元でした。

中国の世界遺産は今や平気で200元ぐらいとってきます。

 

3,500円ほどとかなり高額になっていることが多く、

まだこの場所は世界遺産に登録されていないので、このくらいの金額になっています。

もっと高価になってくるのは時間の問題かもしれません。

 

絶景の画像をどうぞ!

 

ですが、その絶景は一見の価値あり!

ここで絶景をどうぞ!

 

まるでこの世と思えない絶景ですよね~

本当にインスタバエの世界だと思われます。

地球のそのままの姿を体感できる場所としてかなりおすすめです!

 

まとめ

 

ということで、張掖丹霞についてでした!

 

ちなみにこの絶景はあまりにもすさまじく拙著「リュックパッカー中国内陸をゆく」でも表紙カバーとして登場させました。

その時のことももちろん記しています。

絶賛発売中です!

リュックパッカー中国内陸をゆく

 

それでは!

 

Booking.com