サワディーカッ!fumiです!

 

チェンマイからチェンライに来ました!

ここではチェンライでは必見のスポットを紹介します!

かなり田舎というイメージだったチェンライ。

 

その通り、街の規模はかなり小さかったですが、

郊外にはかなり最先端の観光スポットがあったんですね~

今回紹介する二つの寺院はかならず行きましょう!

 

 

青の寺「ワットロンスアテン」

チェンライの郊外には新進気鋭のデザイナーによって設計されたお寺があります。

まさに最先端の観光スポットですね。

 

一つ目は、通称青の寺

ワットロンスアテン!

 

青をテーマに建てらたお寺は見るものを魅了します。

まるで異世界に入ったよう。

全てが青なのに、仏像は白というのがハイセンスですね~

 

チェンライのバスターミナルで

「ブルーテンプル」と言い続けていたら、

このお寺に行くバスを教えてもらえますよ!

 

 

白の寺「ワットロンクン」

 

そして、もう一つがホワイトテンプル

ロットロンクンです。

 

こちらもかなり個性派。

デザイナーの方もかなり有名だそうで、

入り口にデザイナーの等身大パネルがあります笑

 

このお寺は観光地スポットとしてかなり有名で、

非常にたくさんの人!

 

中は撮影禁止ですが、

このような謎のオブジェもたくさん。

 

こちらもチェンライのバスターミナルから行くことができます!

 

 

チェンライ観光の必要日数は?

 

こちらは街の中心である、時計台。

小さい街ですが、見どころはあって、必見のお寺は郊外にあります。

 

私の滞在は2日でしたが、少し足りなかったかも・・・と思っています。

ちょうど日曜日のマーケットを見れたのは幸運でした。

なので欲をいえば、3日はほしいところですね!

 

まとめ

 

ということで、チェンライの観光スポットについてでした!

 

もう一度行ってみたい場所である、チェンライ!

結局ゴールデントライアングルも行かなかったですし、

首長族の村へも行かなかった。

 

そう考えると、さらに郊外の場所も行くのであれば、5日はあってもいいかもしれません。

それくらい魅力的なところですよ!

 

それでは!

 


リュックパッカータイ北部、ラオスをゆく