トランスジャカルタの料金やICカードのチャージは?空港から市内へ行ける?

 

スラマットゥンガハリ!fumiです!

 

今回はインドネシアの交通事情についてです!

 

正直な印象でいうと、ジャカルタの交通状況はまだまだかなという気がしますね。

ようやく最近地下鉄ができましたが、南ジャカルタの一部だけですし。

画像元
https://www.ikyu.com/

 

そんなジャカルタ観光の交通のおすすめはジャカルタ全域を走っているトランスジャカルタです!

 

いわゆるバスですが、中心部にはトランスジャカルタ専用の通路もあり、

渋滞の多いジャカルタでは重宝する存在ですよ!

 

 

トランスジャカルタの料金について!

 

まずは料金についてですが、

これは簡単です。

 

一律3,500ルピア/1回乗車となります。

3,500ルピアは、日本円にすると、約25円です。

安すぎ。

想像を絶する安さです!

 

これはちなみに、乗り換えしてもこの料金ですので、

トランスジャカルタがあるところはどこまで行ってもこの料金なんですね。

すごい!

 

Booking.com

 

ICカードへのチャージは?

 

また、ICカードについてですが、

私も最初はよくわからなかったのですが、窓口に行った際に、

30,000ルピアだと言われました。

よくわからず、そのまま30,000ルピアを払いましたが、

もらえるカードの金額がまず20,000ルピアなんですね。

 

そして、10,000ルピアがチャージされています。

ということは、3回はその金額では乗れないということ。

 

また窓口に行ってチャージしてもらうという流れです。

このカードの代金である、20,000ルピアはデポジットではないので、戻ってこないということです。

数回しか乗らない場合は、カードを出されても、キャッシュだと言い張る対応しかないかと思います。

 

また、改札が少しテクニックが必要。

一度カードをかざしたあと、数秒待つのがポイントです。

そして緑の矢印が出たら進める合図です。

このコツをつかむのには時間がかかりました・・・

 

Booking.com

 

空港から市内へはいける?

 

そして、空港から市内までについてですが、

これは新しくできた空港連絡列車と、トランスジャカルタを組み合わせるのがベストです。

 

列車については下記を参照ください。

リュックパッカー世界をゆく

  スラマットゥンガハリ!fumiです!   さて、無事にインドネシア入国した私は、すかさず行ったのは、 そう!SIMカ…

 

列車でいくのは、上記のBNI Cityまで。

この駅だと、グランドインドネシアなどの中心部まで行きます。

そこからトランスジャカルタに乗って、北部のコタなどに移動するのがいいでしょう。

 

まとめ

 

ということで、トランスジャカルタについてでした!

 

最初はかなり戸惑うトランスジャカルタですが、慣れるとこれに乗って、南部や西部へ自在に行けます。

①のレッドラインの中心地、ハルモニは重宝することになるでしょう!

 

それでは!

 

リュックパッカーインドネシアをゆく

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。