サワディーカッ!fumiです!

 

さて、新章のスタートです。

また、私旅に出ます笑

今回の行き先は・・・「いけるところまで」です笑

旅の全体像は当サイトを更新しながら明かしていきますが、まずは、タイを経由してインドネシアへ!

 

LCCが全盛の昨今、タイのドンムアン空港を経由する方も多いと思うんですよね。

(スワンナプーム空港の方は私しばらく使っておりません)

 

私は一泊しました。

なので、その経験を元にシェアしていきたいと思いますよ!

 

 

タイのドンムアン空港のwifi事情は!?

 

まずは、経由となると、SIMの購入はしない場合が多いと思います。

以前、当サイトでもSIMの購入については取り上げているので下記をご参考までに。

 

今回ドンムアン空港でwifiを利用してみたのですが、

かなりわかりにくかったです。

 

free airport wifiと書いてあるのがいくつも見られたんですね。

しかし、つなげてみると、IDとパスワードの情報が必須で・・・

 

何度か悪戦苦闘しているうちに、登録してしまえばいいということが発覚。

私は下記、AOTのサイトで情報を登録しました。

 

free wifiなので料金はかかりません。

メールアドレスや名前などを入力し、登録(レジスター)

そうすると上記のようにユーザー名とパスワードが発行されます。

 

これで使えました!

ドンムアン空港のwifiはちょっとわかりにくい・・・

 

心配な方はwifiをレンタルしていってもいいかもしれません。

 

空港近くのおすすめホテルについて!

 

続いて、おすすめのホテルについて!

空港内にはホテルもありますが、少し割高。

 

しかし、ドンムアン空港から鉄橋を渡って、向こうには格安のゲストハウスがいくつもあります。

私が泊まったのは「ダイヤモン アンド ラスト ホステル」

 

ドミトリー形式ではありますが、

ホテル内は清潔であり、なんの問題もありません。

 

場所は下記になりますね。

 

鉄橋を渡るのが少しわかりずらいかもしれません。

到着する階と出発する階の間にあり、アマリホテルへ行く道を進んでいけば、

ドアがあり、そこを開けると鉄橋です。

少しローカルな雰囲気ではありますが、渡りましょう。

 

 

かなり快適でした

 

さて、このホテル、一泊だけで、あまりお金をかけたくない方にはぴったり。

1000円もしない値段で、一泊できてしまいます。

 

周辺には、寺院もあり、このあたりが華僑の住む町だったんだなということも実感できます。

ホテル内はwifiもばっちりです。

 

下記、チェックしてみてください。

 

Diamond & Rust hostel

 

まとめ

 

ということで、ドンムアン空港のホテル情報でした!

 

さて、次回からはインドネシア編をお送りします!

というか今インドネシアにいるのでリアルタイムでお送りできればいいのですが・・・

 

それでは!

 


リュックパッカータイ、カンボジアをゆく: ~それと台湾も少々~