スラマットゥンガハリ!fumiです!

 

今回でマレーシア編の最終回です!

もちろん例にもれず、電子書籍の執筆もしていますが・・・

その情報はおいおい致します笑

 

今回紹介するのは、スタバ!

しかし、ただのスタバではないのです!

 

なんとそのスタバは世界一静かなスタバと言われているんですね!

その実態とは・・・!?

 

 

なぜ世界で一番静かなスタバなのか!?

 

なぜ世界で一番静かなスタバと言われるのか!?

その秘訣は、上記の画像にあります・・・

 

そうこのスタバの店員さんはほとんど、聴覚障がい者なんですね。

なので、お話ではなく、手話によってスタバを運営しているのです!

 

実は、こういった試みのスタバは、世界で初めて。

スタバの発祥の地であるアメリカにもありませんでした。

 

最近アメリカでもそういったスタバができたというニュースもありましたので、

現在では世界で二つしかない、静かなスタバとなるのです。

 

店内はごく普通のスタバです。

 

どう注文するのかな?と私も少しビビっていましたが、

なんのことはない手差しで十分です笑

アイスかホットというのだけは聞かれますが、

そのあたりは店員さんもわきまえていて、特別に作ったカードのようなもので確認。

 

一応、カウンターの前に、機械や紙などはあって細かい注文もできるようですが、

そもそも英語もしゃべらなくていいので、普通に注文は終了しました。

 

細かい注文をしたい方は、紙を使うのが便利かもしれませんね。

 

 

場所はどこ?

 

続いて、場所の紹介!

Bangsar Village 2という場所にあります。1ではないです。

 

少し郊外の場所にあり、

デパート内部にあります。

 

Bangsarという駅から15分ほど歩いて到着しました。

暑かった・・・

 

世界一静かといっても、お客さんは普通にしゃべるので、

実は静かでもないです笑

店員さんがしゃべらないというだけですね。

 

ただ、このスタバの注目度は高く、私が座ったすぐ後ろの席には、

テレビカメラが入っていて、店長さん(多分)にインタビューを実施していました。

 

社会的にも価値のあるスタバがマレーシアにあるというのは素敵なことですね。

 

 

マレーシアのスタバ情報!

 

そして、マレーシアのスタバの情報は、当サイトでも以前触れています。

 

マレーシアのスタバカードやグッズについて知りたい方は下記からどうぞ!

 

まとめ

 

ということで、マレーシアの手話スタバについてでした!

 

手話スタバと聞けば手話をしないといけないのかと思いますが、

手話はわからないにしろ、ボディランゲージで問題ありません。

店員さん同士は手話でお話していましたが。

 

日本でもこのようなスタバができるといいですよね。

 

これにてマレーシア編は終了・・・!

次の旅行先は実はもう決まっています・・・

またその時まで!

 

それでは!


リュックパッカーマレーシア、ブルネイをゆく