スラマットゥンガハリ!fumiです!

 

続いては、マック情報!

マックは最高です。

大体どの国にもありますし、味も同じような感じで落ち着きます笑

 

アメリカ料理という言葉はあまり聞きませんが、このマックこそアメリカ料理なのではないかという気がしますね!

 

ということで、マレーシアのマックをヘビロテしてた私からマック情報いきます!

 

 

マレーシアのマックのメニューは?

画像元
https://malaysiajp.com/

 

まずはメニューについてですが、

サイドメニューなどは大体日本と変わりません。

 

ちょっと違うのはお国柄なのかチキンメニューが充実しているということと、

スパイシーチキンなど辛いメニューがあるということです。

 

また、ビックマックなどの牛肉のパティもしっかりあります。

インド系の人たちは食べないと思いますが。

 

そしてイスラム教が国教なので、豚関係のものはないとみたほうがいいですね。

 

Booking.com

 

値段は?

 

値段については、大体セットで15リンギット程度とみておけばいいでしょうか。

約400円でセットが食べれると思えば、

日本のマックよりは少しやすいという計算になりますね。

 

またセットによっては11リンギットぐらいのものもありますので、

素晴らしいです笑

 

セルフオーダー端末が素晴らしい!

 

そして!

ぜひおすすめしたいのが、セルフオーダーの端末を利用すること!

海外ではできるけ現金を使いたくないのですが、

この端末はクレジットカードの決済もできてしまうというスグレモノ!

 

また店舗によりあるところとないところもありますが、

あったらおしゃべりもしなくていいので、便利です。

上記の画像がその端末。

このようにタッチパネル形式で感覚的におしていきます。

ちなみに、大体店員さんが、横で見張っていて、なにかわからないことがあれば、

教えてくれます。

ですが、食べたいものを選ぶだけということなので、そんなに手間取ることはないかと思います。

そして、決まったらクレジットカードを挿入して、暗証番号を打ち込むだけ。

その後、レシートが出ますので、それを持ち、カウンターのディスプレイで呼ばれたらとりにいけばいいです。

誰とも話すことなく決済が完了します。

 

また、クレジットカードではなく現金の決済も可です(カウンターにて)

 

テイクアウトもできます!

 

まとめ

 

ということで、マレーシアのマックについてでした!

 

特にセルフオーダー端末は素晴らしく、日本に導入してほしいです。

正直。

いや、あるのかもしれませんが、家の近くにはありません苦笑

中国でもみたことありますが・・・

あったら便利なのになぁー

 

それでは!


リュックパッカーマレーシア、ブルネイをゆく