ナマステ!fumiです!

 

やるかやるかと思われた、リュックパッカーの電子書籍シリーズも絶賛執筆中です!

「リュックパッカー南インドをゆく」として、上巻、下巻に分けて発売予定!

上巻は来週にはリリースできる・・・かも?

 

 

ということで、こちらのインド情報を更新するのも最終回に向かいつつあります。

本日はハイデラバードです!

 

 

ハイデラバードのおすすめ観光スポットは二つ!

画像元
https://www.cathaypacific.com/

 

ハイデラバードはインドの中部の巨大都市です。

人口だけでいえば、チェンナイやコルカタを越え、

ムンバイ、デリー、バンガロールに次ぐ四番目の都市なんですね。

日本でいうと名古屋的な存在でしょうか?

 

また、町にはイスラム教徒が多く、

そういった点でもほかのインドの街とは異なっています。

市内にはかなりパキスタンの公用語である、ウルドゥー語が目立ちます。

 

 

①チャールミナール

(行ったときは残念ながら工事中でした)

 

まずはこのチャールミナールを見なければなりません。

塔の上に登るとこのチャールミナールを中心に街が発展していったのがわかるでしょう。

ぜひ、ハイデラバードの全景を眺めてみてください。

 

また、面白かったことが二つ。

 

1 セルフィ―攻撃にあった

もう10分以上前に進むことができませんでした笑

東洋人が珍しいのか写真撮って攻撃にさらされましたね。

 

2 ヒンドゥー教の祠が塔の下にあり一触即発の雰囲気

軍隊のような人たちも出動。

インド人によるとこの場所はいつもヒンドゥー教徒とイスラム教徒が喧嘩している場所ということ。

選挙が近いこともあり、ピリピリした雰囲気でしたね。

何事もなかったですが。

 

 

②ゴールコンダフォート

 

インド三大砦の一つが、ハイデラバードの郊外にあります。

かなり歴史がある雰囲気のいい場所でおすすめです。

イスラム王朝クトゥブシャーヒー朝(1507-1688)時代に建てられた巨大な砦で、当時の王がどう暮らしていたかがわかります。

また、夜にはライトアップされるショーも開催!

英語でナレーションが流れ、ゴールコンダの砦をライトアップしながら、歴史について触れることができます。

ワタシは英語は悲惨なので、なんのこっちゃ状態でしたが、わかる人には楽しめるでしょう!

 

歴史のある遺跡のライトアップは見どころです!

 

まとめ

 

ということで、ハイデラバードについてでした!

 

南インドから行くとまた街の全然違う雰囲気に驚きます!

たぶん近いのはパキスタンなのでは?と思うのですが・・・

いつか自分の目で確かめないといけませんね・・・

 

それでは!


リュックパッカー南インドをゆく(上)


リュックパッカー南インドをゆく(下)