你好!fumiです!

 

そして、杭州をあとにした私は、今回の旅行の最後?の目的地、

江西省の省都南昌市へ!!!

 

画像元
http://www.baike.com/

 

この南昌市により、江西省を踏破達成。

残すところはチベット自治区だけになり、ほかの省は全部いったことになりました。

んー我ながらよくやった。

 

 

南昌市はどんな街?人口は?

画像元
https://www.tripadvisor.jp/

 

江西省は中国の中でもマイナーな省の部類に入ります。

ですが、観光としては廬山があり、景徳鎮がある。

 

その2大巨塔があるおかげで、省都の南昌市は若干影が薄いですね。

ちょうど通った、山東の省都、済南の影が薄いみたいな感じです笑

 

私はその2大巨塔を素通り、次の目的地(最後じゃないんかい苦笑)の広東省へのアクセスもよい、この街へ降り立ちました。

この街は、江西省の中心都市として古くから栄え、歴史としては2000年を有します。

 

人口は514万人!

 

大きい街で、現在地下鉄も作られており、行った時は1号線のみ開通していました。

今後もっと発展していく可能性がありますね。

 

そしてこの江西より南が華南地区となります。

 

 

天気は?

 

天気については南方のため、温暖・・・といいたいところですが、地形からくるものなのか、

杭州に比べて寒かった気がします(4月初旬)。

 

1年の平均気温が1月が5度前後となるので、これは大分寒いですね。

もちろん、夏は30度弱となりますので、暑いですが、冬や春先に行かれる方は暖かい格好をしたほうがいいかと思います。

 

おすすめの観光スポットは?

 

そんな、南昌の観光は有名なものが二つあります。

この二つにいけば、問題はないでしょう。

 

滕王閣(とうおうかく)

画像元
https://search.yahoo.co.jp/

 

滕王閣は、岳陽の岳陽楼武漢の黄鶴楼と並んで、江南の三大名楼といわれています。

ですが、この楼閣が建てられたのは近代に入ってから。

 

一番古いのでいえば、唐代にはありました。

途中何度も、火災や地震で消失しています。

 

その度に姿や場所を変え建設されているんですね。

まさに、南昌市の不滅のシンボルといえる楼閣です。

 

ちなみに私は三大名楼は全部いきました。

個人的には岳陽楼が一番好きです笑

 

2 南昌八一起義記念館

画像元
https://4travel.jp/

 

そして、もうひとつの南昌の側面としては、中国共産党の蜂起の拠点となったわけですね。

南昌市には賀龍さんが住んでいたという跡地もあります。

 

まだ、毛沢東が党を掌握していない時代に、蜂起したとあってあまり、毛沢東には関係のないのですが、強引に毛沢東を絡めいろいろな展示がしています。

 

ちょっと勉強してからいくと楽しめますね。

 

まとめ

 

ということで、南昌市の観光スポットなどについてでした!

繁華街もあり結構大きな街だったという印象。

 

この街を拠点に、廬山や景徳鎮にいくのもいいですよねー

歴史を感じることができる街ですよ!

 

そして、中国旅行検討の方はこちらをチェックしてみてください!

 

それでは!


リュックパッカー中国をゆく: ~台湾留学経験者がみた中国~