ナマステ!fumiです!

 

インド旅も最初の州でる、タミルナードゥ州を無事に終了しました。

最南端である、カーニャクマリを通り、隣の州に移動、ケーララ州に来ました!

 

やったー!

そこで今回は滞在したフォートコーチンの情報を中心にお伝え!

インドらしからぬその雰囲気に私は酔いしれましたとさ。

 

 

インドのコーチン(コチ)はどんな場所?

 

コーチンは、現在コチや、コーチとも呼ばれています。

この地が有名なのはポルトガル人がここに初めて来たからです。

つまり、ヨーロッパの文化が、ここコチよりもたらされたんですね。

 

その後、ポルトガルはゴアに拠点を移しますが、

ポルトガルがもたらしたその文化により、コチには、キリスト教徒が非常に多いです。

特にコチから突き出した島、フォートコチは西洋的な街並みがあり、教会もたくさんあります。

少しリゾートのような雰囲気が漂っています。

 

 

治安はどう?

 

私はこの街に4泊しました。

そんなに長居してしまったほど雰囲気がよく、

インドの長旅で疲れた人には最適です。

なぜならインドらしからぬ雰囲気が漂っているから!

 

夜、私はよく徘徊していましたが、治安が悪いとは思いませんでした。

フォートコチに至っては観光客も多く、おしゃれなレストランやカフェは夜遅くまで営業しています。

インドの夜は電気があまりついていなく、夜外出すると少し雰囲気は怖いですが、

フォートコチに至ってはそんなことはなさそうでしたね。

もちろん、最低限気を付けるのは必要ですが。

 

 

おすすめのレストランはここだ!

 

それでは、おすすめのレストランをご紹介!

毎日通っていた、「HOTEL LUCKY STAR」です!

 

私もネットで情報をリサーチしていったのですが、

おいしかったので、かなりいろんなものを食べました。

画像はパニールカレーとチャパティー。

 

こちらがメニュー。

しかしなんといってもインドでは禁じ手のビーフカレーが食べられるのです!

すごい煮込んであって、トロトロのビーフカレー

さすがキリスト教徒の多い街・・・

 

禁じられているものを食べているという感覚からかそのおいしさは何倍か増しになっていたような気もします笑

場所はフォートコチの中心。十字路のところにあります。

 

カフェもご紹介!

 

カフェもご紹介!

このカフェは雰囲気もよく滞在中、二回通いました。

No.18というホテルに併設されたカフェで、名前はQISSAカフェ

喫茶カフェとも読めますね。

日本の影響なのか?

 

 

ラテは泡がてんこ盛りで砂糖がついてきます。

wifiもばっちりでした。

 

そして、もう一つは、フォートコチのオールドタウン側。

ユダヤ人街があるところにおしゃれカフェが集合していました。

私がお邪魔したのは、「CLASSIC ART CAFE」

 

店内には、ブッダの絵や像がたくさんあり、かなりアートな雰囲気が漂っています。

そのほかにも店の周りにはすてきなカフェだらけでした。

探索のしがいはありましたね。

 

まとめ

 

ということで、コチの情報についてでした!

 

ゆったりと時間が流れて、素敵な滞在になった、フォートコチ。

続いて、ほかにも紹介したいことがあるので、フォートコチ話は続きます。

 

それでは!

 


リュックパッカー南インドをゆく(上)


リュックパッカー南インドをゆく(下)