ナマステ!fumiです!

 

ということで、さっそくどうたどり着いたかという話をします笑

数日間のチェンナイ観光を終えた私は、次の街へ!

 

基本的に、ミーハー日本代表なので、各地の世界遺産を巡ります!

チェンナイには世界遺産はありませんが、そこからバスで5時間程度いったところに、

南インドのヒンドゥー教寺院の傑作という寺院が見れるということで、向かったのが・・・

クンバコナムという街!

 

結果的にクンバコナム近郊の世界遺産の寺院は見なかったです。

それは、タンジャーヴールという街の世界遺産の寺院がすごすぎて・・・

その話はおいおいしましょう笑

 

 

チェンナイからクンバコナムへの行き方やアクセスは?

 

チェンナイからどういったかということを語っていきます。

まずは、チェンナイのバスの玄関である、CMBTバススタンドを目指しましょう。

 

チェンナイメトロでもこの駅があるので、

地下鉄を使えばかなり便利です。

 

緑色のバスがチェンナイからの遠距離バスですので、そのバスが溜まっている場所に行き、

クンバコナムを連呼します笑

 

私が乗ったのはこのバスでした。

クンバコナムの直通は便が少ないようで、まずはこのバスに乗りそこから乗り継ぎを指示されました。

もうどうすることもできませんから言うことを聞きましょう。

たいてい優しく教えてくれるはずです、たいてい笑

 

ちなみに、乗り継いだバスターミナルはこんな感じ。

 

暗い中でたくさんの人間がうごめいていて、とても不気味な感じですが、

民間のバスに乗り換え、無事その日の夜に到着することができました。

5時間でいけるところを7時間ぐらいかかかったような気が。

まぁ、ここはインドですから余裕を持って行動しましょう。

 

 

おすすめホテルをご紹介!

 

そして、おすすめのホテルについて!

 

私はいわゆるノマド的な立ち位置にいますので、ホテルでwifiが必須でした。

 

クンバコナムのバス停近くのホテルにいくと安くはあるのですが、wifiはどの部屋もなく・・・

しかし、少し予算オーバーでしたが、徒歩5分ぐらいのところにいい感じのホテルがあったんですね!

 

すごく広くて快適で、wifiも田舎街にしてはばっちり!でした。

オーナーのおじいさんも優しいし、なんとヒンドゥー暦の大晦日についた私にいろいろな情報をくれました。

しいて言えば、シャワーがぬるかった。というかほぼ水だったぐらいかな。

インドは暑いので別に気にしてませんでした。

 

場所はこちら!

 

料金は一泊2000ルピーちょっとしましたが、

その価格に見合うだけのホテルだったかと思われます。

 

 

外国人が一人もいない街、それがクンバコナムだっ!

 

そして、クンバコナムの観光を開始。

驚いたのが、外国人が全くいない!ということ。

 

そして、ヒンドゥーの正月だったため、あちこちで爆竹が鳴り響き少し物騒な感じもしましたが、特に危険な目に合うこともなくインドの田舎街を楽しみました!

 

まとめ

 

ということで、クンバコナムのアクセスについてでした!

 

そして、クンバコナムにはあの有名な天才数学者の生家があるということなのでした!

その話はまた次回。

 

それでは!

 


リュックパッカー南インドをゆく(上)


リュックパッカー南インドをゆく(下)